今や株に関する情報が多く出回っているので、株を始める株初心者が増えてきています。しかし正しい情報を持っていないとリスクを背負う可能性があります。株の光と闇について斬りこみます。

株のリスクに悩む男性の画像

日本通信の株購入についての注意点と株を予約する手法

株を行う人の中には株主優待を目的にやっている人も少なくありません。この株主優待とは一般的にそれぞれの企業から株主に対して与えられるサービスのようなものであり、中には割引券や自社の製品などがあり、非常に人気の高い株主優待ですが1つで気を付けないといけない点として日本通信株式会社のように株主優待制度を取り入れていないところもあります。そういった企業に関しては、株主優待より株での儲けを目的として株主となっている人もおり、株主優待を目的とした株主はあまり得をしない企業かもしれません。
そのような純粋に株の儲けを狙ってやっている人が行う手法の中には、あらかじめ値段を決めて購入の予約をしておき、その値段になった時に購入できる指値注文というやり方があります。

このやり方では自分の購入したい値段での取引が行える為、値段の振れ幅が比較的少なく資産の管理がしやすいという事と売り手が現れればすぐにでも取引ができるというメリットがあります。

ですがその反面、自分の購入したい価格で売ってくれる売り手がいないと取引ができない状態となってしまい、逆に取引成立までに時間がかかってしまう事も多々あります。
株はその時の状況に左右されやすいものですが、そういった意味では資産の管理がしやすいメリットとは別に取引ができないせいでいつまでも膠着状態が続くという事にもなりかねません。

指値注文とは別に成行注文という手もありますが、実際に株を行う際は自分の目的や状況に合わせて臨機応変に変えていく事が大切です。

これから株をやる人もいるかと思いますが、まず株主優待か株での利益が目的なのかをはっきりさせる事・株での儲けを狙うなら自分に合った手法を選択する事が必要不可欠になるかと思います。