株の光と闇

今や株に関する情報が多く出回っているので、株を始める株初心者が増えてきています。しかし正しい情報を持っていないとリスクを背負う可能性があります。株の光と闇について斬りこみます。

株のリスクに悩む男性の画像

株で成功する人と失敗する人の分かれ目

株式投資を実践する人は、成功する人と失敗する人に二分します。
さらに、その割合は半々ではなく少数の成功者と多数の成功者に分かれるのです。
投資の成否を分ける要素は複数ありますが、株式投資で成功する人と失敗する人の間で大きく異なる分かれ目があるのです。 まず、成功する人はどんな状況でも心を乱しません。
仕手株などには惑わされず、相場が急落する瞬間を目撃したとしても、冷静に自分の保有ポジションをチェックし、保持し続けるポジションとすぐに売却するべきポジションを判断して実行に移すのです。
しかし、失敗する人は相場が急落したことでパニックに陥り、とっさに全てのポジションを売却してしまいます。
相場の急落時において、全てのポジションを売却してフラットな状態に戻すことは一見正しいと考えられがちですが、相場は急落してもいずれ上昇を始めます。
そのときを見越して、高配当の株や優待株などを保有しておきインカムゲインを得ることが大切です。 また、自分で決めた投資ルールを守ることができるかどうかも成功する人と失敗する人の分かれ目です。
成功する人は一見して買い時だと判断できる銘柄を見つけても、投資ルールを見直してルールから外れていれば購入を見送ります。
一方で、失敗する人は買い時だということだけで投資ルールを鑑みずに購入を決めてしまうのです。
結果的にその銘柄が上昇して利益をもたらすこともありますが、長い目で見ると自分で決めたはずの投資ルールを守らないことは自分の投資戦略を乱すことにつながり、失敗への道を歩んでいるのです。 株式投資は売買手法や損切りの有無、投資期間などについて語られることが多いですが、成功する人と失敗する人の分かれ目は精神面にあることが多いのです。
株をどうしても失敗する人はボロ株を始めるのもいいでしょう。ボロ株とは株価が安い銘柄といい、比較的精神面による負担が少ないので、株に失敗する人は始めてみるのもいいかもしれません。
もし冷静な判断が難しいと感じている場合は投資顧問など他者の意見を聞くことも大事です。現在、様々な投資顧問会社がありますので探してみるのもよいかと思います。その際、キャッチコピーに騙されずになるべく投資顧問は口コミが豊富な場所を探しましょう